ロイヤルリムジン運転手ら社員600人解雇を撤回?その後はどうなった?

ロイヤルリムジン運転手ら社員600人解雇を撤回?その後はどうなった?

2020年6月4日(木) 22時00分~22時54分放送「カンブリア宮殿 従業員600人の解雇は英断だったのか?タクシー会社に独占密着!」

今回は、「カンブリア宮殿」で紹介されwロイヤルリムジンについて触れていきたいと思います。

新型コロナウイルスウイルスの影響で、社員らを600人解雇するという報道で世間の注目を浴びました。

<番組内容>
新型コロナウイルス感染拡大の影響で、日本のみならず世界中の企業が倒産の危機に瀕している。日本のアパレル大手「レナウン」、米国のレンタカー大手「ハーツ」、豪州の航空大手「ヴァージン・オーストラリア」が次々と経営破綻し、今後もコロナ倒産の連鎖が危惧されている。
そんな中、従業員600人の一斉解雇という決断で注目を集めたのが、東京に本社を構えるタクシー会社の「ロイヤルリムジン」だ。世論を二分し、賛否両論が巻き起こった大量解雇問題。カンブリア宮殿は、コロナ禍に翻弄された渦中の男を、2カ月に及び密着!騒動の真相を徹底取材した!

引用:Yahoo!番組表

ロイヤルリムジン運転手ら社員600人解雇

タクシー会社、600人一斉解雇 運転手、地位確認申し立て 東京地裁 - 毎日新聞
 タクシー事業を展開する「ロイヤルリムジン」(東京都)が新型コロナウイルスの感染拡大で業績が悪化したとして運転手ら約600人を一斉解雇することを巡り、解雇された70代の男性運転手が15日、都内のグループ会社を相手取り、従業員としての地位確認などを求める仮処分を東京地裁に申し立てた。

<ロイヤルリムジン一斉解雇に対するSNSの反応>

===============

ロイヤルリムジンの社長が従業員解雇で目論んだことは、正義ではないが間違いではない。大きく見誤ったのは、従業員のレベル。会社の解雇通知をネットやマスコミに流失させてしまう短絡的な従業員。左側弁護士、組合にに乗せられて対決を始める無知な従業員。

===============

正義ではないが間違いではない、ってのが問題で、タクシーという公共交通機関には正義が必要なのですよ。逮捕されなきゃ何やってもいい、ってのも企業の社会的責任論から言えば間違ってるでしょうし。それに、左側でも右側でも、従業員が求めたのではなくて、寄って来たってのが真実でしょうね。

===============

===============

600人解雇って、解雇と言いつつ、退職合意書作るくらいで、その内容に、失業手当をもらってください~。
また会いましょう~!!!!っておかしいw

===============

ロイヤルリムジンの解雇問題
ときどき話題になる、
金子社長の判断は賛否が別れる。
問題は突然、が大きいと思う。
600人中500人は応じたよう。
当方ならば、応じた。
元従業員が雇用保険をもらっている間に、
少しずつ会社は立て直せるだろう。
きっと大丈夫

===============

===============

ロイヤルリムジン運転手ら社員600人解雇を撤回?その後はどうなった?

グループトップの金子健作社長が、運転手ら加入の労働組合との団体交渉で「解雇を撤回したい」と言及していたことが27日、分かった。労組側は雇用継続に向けた具体策が不明だとして、正式に書面で回答するよう求めている。

一部引用:産経新聞

運転手の「解雇撤回」言及 ロイヤルリムジン、労組に
タクシー事業などを展開するロイヤルリムジングループが運転手約600人に解雇を言い渡した問題で、グループトップの金子健作社長が、運転手ら加入の労働組合との団体交渉…

その後、ロイヤルリムジンは

5月16日から東京都内のグループ6社のうち1社で営業を再開した。多くの仲間が会社を去る中で、約20人の運転手が職場に残り、再びハンドルを握り始めた。

タクシー会社「600人解雇騒動」が混迷続く実情 | コロナショックの大波紋
ロイヤルリムジングループ(以下、ロイヤルリムジン)が4月8日、従業員600人に対して一斉に解雇を言い渡した問題は、解雇発表から1カ月以上が過ぎた今なお混迷が続いている。当初は、失業手当(失業保険給付)を受…

「ロイヤルリムジン運転手ら社員600人解雇を撤回?その後はどうなった?」のまとめ

今回は、「ロイヤルリムジン運転手ら社員600人解雇を撤回?その後はどうなった?」についてご紹介してきました。

いかがでしたか?

それでは今回の記事は以上となります。ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました